今となってはもう手遅れ

子どものころから日焼け止めを塗る習慣がなく帽子をかぶるのも嫌いでした。でも特に気にすることもなく真っ黒になって遊んでいました。帽子嫌いは大人になっても変わることはありませんでした。人より黒くなりやすい肌質なんだとは思いますが、友達の中でも一番と言っていいほど日に焼けていました。

ヴィオテラスHSCセラム

さすがに子供とプールに行く時ぐらいは日焼け止めと帽子は準備するようになりましたが、その他はいつも無防備でした。そんな生活を続けてきたために、40歳を過ぎて顔のシミがチラホラ目立つようになってきました。

それでも「まだ化粧で隠せるかな?」ぐらいに軽く考えていましたが、その数年後には両手の甲にもシミが出てきました。こうなって初めて自分が肌のケアを怠ってきた事を後悔しましたが、時すでに遅しです。年々少しずつ濃くなってきているような気がして、シミに効きそうなく塗り薬や飲み薬をネットで探してはみるものの、続けるにもお金がかかるしどうせ効かないかもしれないと半ばあきらめかけています。シミがあることによって見た目がとても老けて見えるので、スッピンの自分の顔を見るのが嫌です。

美容整形にでも行ってこのシミを無かった事にしたいぐらいですが、そういうわけにもいかないので若いころからのケアは大事だと言う事を実感しました。