美人の掟!目元、口元に現れる美意識

美人は目元の皺には人一倍気をつけているものです。加齢とともにシワができることは仕方がないこと。しかしながら、目元のシワはケア次第でなんとかなるという事を美人は心得ているのです。

nicoせっけんの口コミを完全レポート!

目元のケアに、部分用保湿エッセンスを加えてみる!

メイクの上から使えるアイテム、つまり、メイク直しの時間にも使えるというエッセンスを利用して、目元に常にハリを持たせて行くこともできます!ブラシタイプになったエッセンスであれば、化粧品ポーチに入れておくだけ。コンパクトで簡単に使える利便性です。

乾燥のひどい時の自宅ケア

自宅に帰り夜睡眠の前にケアするなら、目の周りの集中パックがおすすめ。リンクルケアにあたりますので、化粧品会社のアンチエイジングの分類で探すと見つけやすいアイテムです。翌朝はみずみずしく仕上がっているはず。

時にはクマができる場合も。人間ですから美人もクマができる時があります。メイクでカバーすることも可能になるクマ、クマをカバーするときのテクニックがちょっと曲者です。目の下のクマの色はオレンジ、ベージュという手順で肌に色をのせていきます。理由は、クマの部位は暗く見えがちだからです。これで元気なイメージが出来上がりますよ。