肌トラブルの原因がわからないとどうしていいかわからない。

私はついこの間、30歳となった独身女です。ライスビギン

小さいころから肌トラブルは一切なく、中学生くらいから周りに訪れた「思春期ニキビ」というのも経験がありませんでした。

年に1、2回1つニキビができるかできないかくらいでできてしまってもすぐに消えていったのでほとんど気にしたことがなく、18歳くらいまではお化粧をする前しか化粧水や乳液などの保湿も行っておりませんでした。

急にお肌が気になりだしたのは25歳の頃。

それまではぽつぽつできたニキビもほっておけば治っていたはずなのに、1つできてそれが治る前にもう一つできて、、、と、にきびができるペースと治っていくペースが変わり気づけば顔中ぶつぶつ、赤み帯びていたり治らなかったり。

危機感を覚えたのでまずは手軽にできる基礎化粧品の見直しをしました。

安価のオールインワンジェルからSK-2へ変更。

これもすぐに効果が表れるものではないし、そもそも自分に合っているのかもわからないため継続していました。

しかし一向に良くなる気配もなく、皮膚科に行きました。

皮膚科で塗り薬を処方してもらいましたが、数日後に皮が捲れてくるので化粧ができず、それでは会社にいけないのでやむを得ず中断。

SK-2の効果でずっと現状維持ができているのか、はたまた肌に合ってないから状態がかわらないのか、それがわからず4年間使い続けましたが、金銭的にもお安い買い物ではないため、昨年SK-2をやめました。

やめたからと言って特に悪化しておらず、だからと言って良くなっている様子もなく、25歳からずっと現状維持。

歳を重ねるごとに違う箇所にも悩みがでできそうなので、そろそろ保険適用外であってもしっかりお肌を見てくださる所に行ってみようかと思っています。